レクサス旗艦SUV、「LX」が2ドアコンバーチブルになった!? 実は子ども用で発売...その意外な使命とは | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス旗艦SUV、「LX」が2ドアコンバーチブルになった!? 実は子ども用で発売...その意外な使命とは

レクサスはフラッグシップ・クロスオーバーSUV『LX』の2ドアコンバーチブルバージョンを初公開した。エイプリルフールの冗談ではなく、子ども用の玩具なのだが、実は意外な用途が発表された。

自動車 社会
レクサス LX 2ドア コンバーチブル 子ども用 玩具
レクサス LX 2ドア コンバーチブル 子ども用 玩具 全 3 枚 拡大写真
レクサスはフラッグシップ・クロスオーバーSUV『LX』の2ドアコンバーチブルバージョンを初公開した。エイプリルフールの冗談ではなく、子ども用の玩具なのだが、実は意外な用途が発表された。

単なる玩具と思ったら大間違いで、レクサスは「CPF」(脳性麻痺財団)と共同開発し、脳性麻痺の子どもたちをサポートしていく目的を兼ねているのだ。

CPFエグゼクティブディレクターのレイチェル・バーン氏によると、脳性麻痺の人は、必要なときに介入やサポートを受けることはめったにないそうで、「我々の使命はそのパラダイムを変え、革新的なコラボレーションとパートナーシップを通じて、ポジティブな変化を生み出すための触媒となること」と語っている。

また同ブランドの副社長、クーパー・エリクセン氏は、脳性麻痺の子供たちが他の子どもたちと同じように機動性を体験できる環境を整え、移動する喜びを体験してもらうことにより、脳性麻痺の子どもたちにとって何を意味するのかを探求したいと説明している。

今回モデルとなった、フィンリー・スモールウッドちゃんは、脳性麻痺に苦しんでおり、長時間座ることが困難だという。しかし、横方向のサポートと調整可能なヘッドレストを採用、5ポイントハーネスで固定し、方向と加速を制御するアームレストジョイスティックにより動きがサポート、きっとフィンリーちゃんも楽しい時間を過ごせたはずだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集