V8ハイブリッドで1,233馬力...Czingerの次世代ハイパーカー「C21」、ジュネーブで世界初公開へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

V8ハイブリッドで1,233馬力...Czingerの次世代ハイパーカー「C21」、ジュネーブで世界初公開へ!

米カリフォルニアに拠点を置く「Czinger Vehicles Inc」は、3月のジュネーブモーターショーで次世代ハイパーカー『C21』を初公開することを発表した。

自動車 新車スクープ
Czinger Vehicles Inc C21
Czinger Vehicles Inc C21 全 16 枚 拡大写真
米カリフォルニアに拠点を置く「Czinger Vehicles Inc」は、3月のジュネーブモーターショーで次世代ハイパーカー『C21』を初公開することを発表した。

プレビューされたエクステリアは、ヤマハ「OX99-11」や戦闘機を彷彿させる縦1列2シーターのタンデムシートがラウンドしたガラスで包まれ、レーシーなイメージを特徴としている。

パワートレインは、フェラーリ『288 GTO』を意識したかのような2.88リットルV型8気筒ターボチャージャーエンジンを平面クランクレイアウトに搭載し、11,000rmpまで回転数が上がる。前輪に電気モーターを搭載し、システム合計の最高出力は1,233psを発揮、三菱『i-MiEV』やホンダ『フィット・ハイブリッド』のようなチタン酸リチウムバッテリーパックを搭載するようだ。

ボディには、カーボンファイバー他軽量素材を多用、2,755ポンド(1,250kg)の軽量ボディにより、0-100km/h加速1.9秒、クォーターマイル(400m)までは8.1秒、最高速度の432km/hに到達するまでに15秒、0-400km/h加速は29秒のハイパフォーマンスを誇る。これはケーニグセグ『アゲーラ RS』の31.49秒を大幅に改善している数値だ。

またブルーのボディはレーシングバージョンで、こちらはロードバージョンより軽い1,218kgに軽量化されている。また強力なダウンフォースを生む巨大リアウィンを備え、最高速度は380km/hを計測するという。

ワールドプレミアは3月3日、両モデルとん限定80台のみの発売が決定している。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集