真っ赤な『GRヤリス RZ ハイパフォーマンス ファーストエディション』初公開[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

真っ赤な『GRヤリス RZ ハイパフォーマンス ファーストエディション』初公開[特集写真]

トヨタ自動車は、2月14日に開幕した「大阪オートメッセ2020」にて新型『GRヤリス』の特別仕様車「RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション(オプション装着車)」を展示、注目を集めている。

自動車 ニューモデル
トヨタ GRヤリス RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション エモーショナルレッドII(大阪オートメッセ2020)
トヨタ GRヤリス RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション エモーショナルレッドII(大阪オートメッセ2020) 全 32 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、2月14日に開幕した「大阪オートメッセ2020」にて新型『GRヤリス』の特別仕様車「RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション(オプション装着車)」を展示、注目を集めている。目玉は、初公開となるメーカーオプションカラーの「エモーショナルレッドII」のボディカラーだ。

GRヤリスは、GRスープラに続く、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)が展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第2弾。パワートレーンは最高出力272psを発生する1.6リットル3気筒直噴ターボエンジンとiMT(6速MT)の組み合わせ。スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」やダブルウィッシュボーンリアサスなど、TGRが世界ラリー選手権(WRC)で学び・鍛えた知見を惜しみなく投入。東京オートサロンで初公開され、注目を集めた。

トヨタ自動車では、GRヤリスの特別仕様車「RZ ファーストエディション」(396万円)と「RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション」(456万円)の先行予約を6月30日まで受け付けているが、1月の東京オートサロン開催中の3日間で約1000台の予約、1月23日時点で約2000台の予約を集めたと発表していた。そのうち8割が456万円のハイパフォーマンス・ファーストエディションというから驚きだ。

RZ ファーストエディションは、RZグレードをベースに、マットブラック塗装を施したラジエターグリル、フロントサイドディフューザー、リヤスポイラーおよびリヤバンパーを特別装備する。RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディションは、トルセンLSDや冷却スプレー機能付空冷インタークーラーなど、より限界性能を高めた装備に加え、マットブラック塗装のBBS製鍛造アルミホイールも装着する。

会場には、新型GRヤリスをベースとしたラリーコンセプトも展示されている。大阪オートメッセ2020は2月16日まで開催。会場はインテックス大阪。

真っ赤な『GRヤリス』特別仕様を初公開…大阪オートメッセ2020[詳細画像]

《宮崎壮人@レスポンス》

この記事の写真

/

特集