MINI史上最速「JCWクラブマンGP」、日本市場は限定120台! | Spyder7(スパイダーセブン)

MINI史上最速「JCWクラブマンGP」、日本市場は限定120台!

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、最高出力306psを発揮するMINI史上最速モデル『ジョン・クーパー・ワークス(JCW)クラブマンGPインスパイアードエディション』の予約受付を3月2日(MINIの日)より開始、7月頃(予定)より順次納車を開始する。

自動車 ニューモデル
MINI ジョン・クーパー・ワークス クラブマン GP インスパイアードエディション
MINI ジョン・クーパー・ワークス クラブマン GP インスパイアードエディション 全 2 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、最高出力306psを発揮するMINI史上最速モデル『ジョン・クーパー・ワークス(JCW)クラブマンGPインスパイアードエディション』の予約受付を3月2日(MINIの日)より開始、7月頃(予定)より順次納車を開始する。

JCWクラブマンGPインスパイアードエディションは、『JCWクラブマン』をベースに、「究極のスポーティドライビングと、高い実用性の両立」をコンセプトに開発した世界299台の限定車。日本へは120台の導入となる。

パワーユニットは、MINI史上最もパワフルな2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載。クランクシャフトやベアリング、オイル供給やクーリングシステムを最適化する等の改良を加え、最高出力306ps、最大トルク450Nmを発生する。最高速度は時速250km、0-100km/h加速はJCW GPよりさらに速い4.9秒を達成。さらに、四輪駆動システムを搭載することで、悪路でも高い走行性能を実現する。その一方、5名乗車可能な余裕ある室内空間や、最大1250リットルのラゲッジスペースなどを備え、多目的に使用したいファミリー層にも適したモデルとなっている。

また、歴代のGPを踏襲したサーキット志向なオリジナルデザインを採用している。ボディカラーはサンダーグレーメタリックにシルバールーフ、チリレッドのミラーキャップというMINI GP専用のコンビネーションとなっており、ヘッド/リアライト周りやフロントグリルの縁取り、ドアハンドル、MINIエンブレムなどのパーツは全てピアノブラックに統一。サンダーグレーのダークな色調とピアノブラックの光沢感が組み合わさることで、スポーティかつ都会的な印象となっている。また、Dピラーには「GP Inspired」のエンブレムが、サイドエアインテークおよびサイド/リアボディには、チリレッドの専用ストライプなどを施し、MINI GPならではのスポーティなデザインを演出。足元には、大径の19インチホイール JCW サーキットスポーク2トーンを採用し、エクステリア全体をアグレッシブに引き締めている。

インテリアも専用のドアシルプレートと、アームレストカバーに「GP Inspired」のエンブレムを施し、室内からも限定車ならではのデザインを実感できる。

運転支援機能も充実。ストップ&ゴー機能付のアクティブクルーズコントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなど安全運転をサポートする機能、ヘッドアップディスプレイ、デイライトリング付きのLEDヘッドライトを標準装備する。また、タッチパネルとセンターコンソールのMINIコントローラーどちらでも操作可能なナビゲーションシステム、リアビューカメラ、パーキングディスタンスコントロール(フロント&リア)、縦列駐車をアシストするパーキングアシストなど、便利な機能も多数装備する。

価格は615万円。

MINI史上最速「JCWクラブマンGP」、120台限定で日本市場へ投入…走りと実用性を両立

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集