フェラーリ初SUVは2021年、ラ・フェラーリ後継モデルは2022年にデビューが濃厚に! | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ初SUVは2021年、ラ・フェラーリ後継モデルは2022年にデビューが濃厚に!

フェラーリは、初のクロスオーバーSUV『プロサングエ』(仮称)と『ラ・フェラーリ』後継モデルを開発していると見られるが、その発売時期など詳細が徐々に判明してきた。

自動車 新車スクープ
フェラーリ プロサングエ
フェラーリ プロサングエ 全 4 枚 拡大写真
フェラーリは、初のクロスオーバーSUV『プロサングエ』(仮称)と『ラ・フェラーリ』後継モデルを開発していると見られるが、その発売時期など詳細が徐々に判明してきた。

英「Auto Express」誌が最高技術責任者、マイケル・ライターズ氏から直接入手した情報によれば、初のSUVプロサングエは2021年、ラ・フェラーリ後継モデルは2022年にワールドプレミアが計画されている模様だ。

プロサングエのアーキテクチャには、V型6気筒、V型8気筒、V型12気筒など幅広く対応可能な新開発のプラットフォームを採用することも明かされた。

社内コード「175」と呼ばれる最高仕様のSUVプロサングエは、6.5リットル自然吸気V型12気筒エンジンが有力とされ、電動化は見送られるかもしれないという。しかし、この新開発プラットフォームはPHEVにも対応するため、現段階で断定はできないようだ。

一方フェラーリ初の市販ハイブリッドモデルとして2013年に登場したラ・フェラーリ後継モデルで、6.2リットルV型12気筒エンジンとHY-KERシステムが組み合わされている。後継モデルのパワートレインは不明だが、最高出力986hpを発揮する『SF90 Stradale』ほど強力にはならない可能性を示唆した。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集