マクラーレン史上最速ロードカー「スピードテール」、403km/hを30回以上記録!2020年2月にデリバリー開始へ | Spyder7(スパイダーセブン)

マクラーレン史上最速ロードカー「スピードテール」、403km/hを30回以上記録!2020年2月にデリバリー開始へ

マクラーレン史上最速モデルである『スピードテール』が、米フロリダのケネディ宇宙センターで250mph(403km/h)を30回以上計測していたことがわかった。

自動車 新車スクープ
マクラーレン スピードテール
マクラーレン スピードテール 全 7 枚 拡大写真
マクラーレン史上最速モデルである『スピードテール』が、米フロリダのケネディ宇宙センターで250mph(403km/h)を30回以上計測していたことがわかった。

これは同社のチーフテストドライバー、ケニー・ブラック氏がテストドライブを努めたもので、市販へ向け最終調整が行われたようだ。この結果を持ち、同社CEOマイク・フルーイット氏は、「スピードテールは、マクラーレンのパイオニア精神を象徴する並外れた車であり、スーパーカー、ハイパーカーの新しいベンチマークで有り続けるという我々の決意を表している」と言及している。

スピードテールは「Track25」ビジネスプランにより発表される18の新型モデルの最初の1台として、2018年10月にプロトタイプを発表された。コックピットセンターに運転席を置く3シートレイアウトを伝説の名車『F1』から継承。4.0リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジン+エレクトリックハイブリッドにより、最高出力1050ps、最大トルク1150Nmを発揮、0-300km/h加速は12.8秒で駆け抜ける。

2016年11月には、予約オーダーはすでに完了しており、デリバリーは、2019年末を予定していたが、今回2020年から生産がスタート、同2月から納車が開始されることが改めてアナウンスされた。

尚、価格は175万ポンド(約2億5千万円)で、限定106台を生産される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集