RAV4 はレクサスを超えたかも…清水和夫 日本カーオブザイヤー2019-2020 | Spyder7(スパイダーセブン)

RAV4 はレクサスを超えたかも…清水和夫 日本カーオブザイヤー2019-2020

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の最終選考会6日、東京都内で行なわれ、トヨタ『RAV4』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの清水和夫氏はRAV4に10点を投じた。

自動車 ニューモデル
トヨタRAV4
トヨタRAV4 全 10 枚 拡大写真
「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の最終選考会6日、東京都内で行なわれ、トヨタ『RAV4』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの清水和夫氏はRAV4に10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された清水氏のコメントは以下の通り。

☆☆☆

グローバルに活躍できる環境性能と安全性能、さらに走りが楽しく快適性も高い。プラットフォームは『カムリ』由来の大型FFモデルを使うが、実際の走りは大きさを感じさせないダイナミクスを持っている。パワートレインは高速燃焼とハイブリッドを組み合わせ、燃費だけの電動化ではないことを示している。トヨタブランドで市販されるが、その走りの質感はすでにレクサスを超えたかもしれない。欧州車のSUVと走りで対抗できる性能を持っている。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタRAV4:10点
マツダ3:4点
BMW3シリーズセダン:4点
ジャガー I-PACE:4点
メルセデスベンツAクラス/Aクラスセダン:3点

RAV4 はレクサスを超えたかも…清水和夫【日本カーオブザイヤー2019-2020】

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP@レスポンス》

この記事の写真

/

特集