あのゴードン・マレー氏設計のスーパーカー「T.50」、最強エアロモードV-Max搭載! | Spyder7(スパイダーセブン)

あのゴードン・マレー氏設計のスーパーカー「T.50」、最強エアロモードV-Max搭載!

デザイナーのゴードン・マレー氏は、同氏が設立した「ゴードン・マレー・オートモーティブ」から第一弾となる新型スーパーカー、『T.50』のティザーイメージを初公開した。

自動車 ニューモデル
ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50 ティザーイメージ
ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50 ティザーイメージ 全 4 枚 拡大写真
デザイナーのゴードン・マレー氏は、同氏が設立した「ゴードン・マレー・オートモーティブ」から第一弾となる新型スーパーカー、『T.50』のティザーイメージを初公開した。

ゴードン・マレー氏といえば、1992年に初公開された名車マクラーレン『F1』の設計を担当した伝説のデザイナーで、「T.50」はF1の後継モデルとも言える。

公開されたティザーイメージでは、リアエンドにF1レーシングチーム「Racing Point」と共同開発された直径400mmの巨大なファンを装備、車の下を通過する空気を急速に加速、後部ディフューザーの制御ダクトを通過させ、強力なダウンフォースを生むという。またフェラーリ風円形テールライト、ツインエキゾーストパイプなどが見てとれるほか、F1から継承する後方2座席の3シーターレイアウトを特徴としている。

さらに市販型では、6つの異なるエアロモードを搭載、最も強力な「V-Maxモード」では、48Vの統合スタータージェネレーターとラム誘導から余分な電力を引き出し、その電力レベルを700hpまで引き上げる。

かつての「F1」は、BMW製の6.1リットルV型12気筒ガソリンエンジンをミッドシップに搭載、車重1140kgの軽量ボディにより最高出力は627ps、最高速度391km/hを誇っていた。一方T.50のパワートレインは、3.9リットル、コスワース製V型12気筒NAエンジンを搭載し、車重980kgの軽量ボディから最高出力650hp、最大トルク450Nmのパフォーマンスを発揮する。

今後T.50は2020年初旬に空力テストを完了させ、5月に市販型を発表、2022年1月に最初の顧客へのデリバリーが開始される予定で、価格は200万ポンド(約2.9億円)以上と予想されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集