メルセデスの技術集結...セダン最高峰、マイバッハSクラス新型は2021年デビューへ向けアルプスで開発テスト! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスの技術集結...セダン最高峰、マイバッハSクラス新型は2021年デビューへ向けアルプスで開発テスト!

メルセデスベンツの最上級セダン『マイバッハSクラス』の新型が、2021年にも発売される可能性があることがわかった。

自動車 新車スクープ
メルセデス マイバッハSクラス 新型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデス マイバッハSクラス 新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 10 枚 拡大写真
メルセデスベンツの最上級セダン『マイバッハSクラス』の新型が、2021年にも発売される可能性があることがわかった。

スイス・アルプス山脈で捉えたプロトタイプは、分厚いカモフラージュによりディテールが隠されている。しかし、ヘッドライトとテールライトには市販型パーツが装着されているようだ。

また、ツインエキゾーストパイプに変化が見られるほか、アルプスで耐久テストを受けていることを示す牽引ヒッチもみられる。ドアには奇妙なボックスが取り付けられているが、ポップアップドアハンドルをSクラス新型と共有する可能性が高い。

ボディサイズは、Sクラスより7.9インチ(200mm)長い全長215インチ(5462mm)、ホイールベース132.5インチ(3365mm)は変更されないと予想されているが、さらにエンジンを前方に移動することにより、キャビン内スペースが向上すると思われる。

キャビン内では、黒い布で覆われたコックピットが確認できる。おそらくデジタルインストルメントクラスタを始め、大型のタッチスクリーン・インフォテインメントシステムの搭載が予想される。

また高級感あふれるアルカンターラ、ウッドトリムなどを惜しみなく採用、拡大される後部席にはエアコン、換気、マッサージ機能を装備するほか、エアバランスキャビンフレグランスシステム、4ゾーンエリア自動気候制御システム、ソフトクローズドア、リアテーブル、ホット/コールド用カップホルダー、冷却装置にはシャンパンやフルートも格納できる仕様となるだろう。

メルセデスベンツは、SクラスへのV型12気筒エンジンを廃止したが、マイバッハでは次期型でも最高出力630ps、最大トルクは1000Nmを発揮する6.0リットルV型12気筒ツインターボエンジンの搭載が予想されている。

新型となるW223型Sクラスは2020年にデビューが期待されている。最高級のマイバッハSクラス新型は、2021年にもワールドプレミアされる可能性が高い。

メルセデスセダンの最高峰、マイバッハSクラス 新型は2021年デビューへ

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集