怖すぎる迫力...センサー付けすぎのメルセデス AMG GT R ブラックシリーズ開発車両、ニュル再訪! | Spyder7(スパイダーセブン)

怖すぎる迫力...センサー付けすぎのメルセデス AMG GT R ブラックシリーズ開発車両、ニュル再訪!

メルセデスが誇る最強モデル、『AMG GT Rブラックシリーズ』プロダクションモデルが、ニュルで高速テストを再開した。

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ 生産型 プロトタイプ スクープ写真
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ 生産型 プロトタイプ スクープ写真 全 10 枚 拡大写真
メルセデスが誇る最強モデル、『AMG GT Rブラックシリーズ』プロダクションモデルが、ニュルで高速テストを再開した。

捉えた最新の開発車両は、各車輪を計測する輪をはじめ、巨大なセンサーを多数まとい迫力満点だ。またボンネットの大型エアベント、フロントバンパーのスプリッターとカナード、デュアルリアウィングを装備。フロントフェンダー後部にはエアアウトレットも確認できる。ルーフの高さに近いリアウィングは、コンパクトな方でさえかなり大きく、強力なダウンフォースを生むだろう。

AMG GTシリーズは、『GT S』、『GT R』『GT Rロードスター』『GT C』『GT Cロードスター』など多数のラインアップが存在しているほか、2018年11月にはサーキットでのパフォーマンスを追求した『GT Rプロ』も記憶に新しい。「ブラックシリーズ」は『SLS AMG GT』などにも設定されていた最強の限定モデルで、今回は2014年以来の復活となる。

心臓部には、『AMG GT63S 4ドアクーペ』と共有するAMG伝統の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンで、ブーストアップにより最高出力は700ps以上を発揮、車重は「GT R Pro」とほぼ同じ1575kgと予想されている。

ワールドプレミアは2020年内、ライバルは最高出力690psを誇るポルシェ『911 GT2 RS』、最高出力720psを発揮するマクラーレン『720S』だ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集