最大450ps...アウディ RS3新型、ドリフト機能付き4WDも進化! | Spyder7(スパイダーセブン)

最大450ps...アウディ RS3新型、ドリフト機能付き4WDも進化!

アウディのコンパクト『A3』に設定される最強モデル『RS3』新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
アウディ RS3 新型 プロトタイプ スクープ写真
アウディ RS3 新型 プロトタイプ スクープ写真 全 12 枚 拡大写真
アウディのコンパクト『A3』に設定される最強モデル『RS3』新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えた開発車両はワイドフェンダーを装着、新型ではドレッドが拡大されると予想される。フロントエンドでは、再設計されたLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、アグレッシブで大型のグリル、新デザインのコーナーエアインテークが見てとれるほか、足回りには、ロープロファイルタイヤ、大型ブレーキキャリパーを備えたフロントブレーキローターが装着されている。またリアエンドでは刷新されたテールライト、リアバンパー、極太ツインエキゾーストパイプ、ディフューザー、ルーフスポイラーなども確認できる。

キャビン内は2020年3月にも登場予定の「A3」新型とデザインを共有。最新のMMIを搭載し、ダブレットスタイルのディスプレイがダッシュボードに統合されるだろう。ただし、HVACコントロールが往来のノブとダイヤルになるのか、セカンドスクリーンに置き換えるのかは不明だ。

心臓部には、2.5リットル直列5気筒ガソリンターボエンジンを搭載、最高出力は420ps、最大トルク500Nmだが、パフォーマンスバージョンでは最大450psを発揮すると予想されている。

トランスミッションは7速DCTで、アップデートされたRWDドリフト機能付き4WD「クワトロ」を搭載する。ワールドプレミアだが、2020年3月に「A3」を公開した後、「S3」「RS3」と順次発表予定となるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集