ジャガーXF、内外とも大幅改良へ...コックピットに新テクノロジー導入 | Spyder7(スパイダーセブン)

ジャガーXF、内外とも大幅改良へ...コックピットに新テクノロジー導入

ジャガーの欧州Eセグメントモデル、『XF』の派生ワゴンである『XFスポーツブレーク』改良新型をカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
ジャガー XF ワゴン 開発新型 スクープ写真
ジャガー XF ワゴン 開発新型 スクープ写真 全 15 枚 拡大写真
ジャガーの欧州Eセグメントモデル、『XF』の派生ワゴンである『XFスポーツブレーク』改良新型をカメラが初めて捉えた。

XEは、2007年1月のデトロイトモーターショーで公開されたコンセプトモデル、『C-XF』を起源とし、改良が重ねられ2008年に市販化、それまでのジャガーと一線を画したクーペ風ルーフは注目を集めた。同年には日本市場にも導入され、2012年にワゴンバージョンであるスポーツブレークが誕生している。現行モデルとなる第二世代は、2015年に登場、先代よりホイールベースを50mm延長し、居住性が向上した。

今回捉えた改良新型プロトタイプだが、フロントやリアに厳重なカモフラージュがほどこされており、詳細は見えてこない。しかし、ヘッドライトが現行モデルよりコンパクトに見えるほか、グリルも小さく再設計されている様子が伺える。リアエンドでは、グラフィックが刷新されるテールライトも確認できる。奇妙なのは排気口がみられず、車の下に取り付けられている白いボックスだ。おそらくパワートレインの変更を行うためのセンサーのようなものだろう。

改良新型では、キャビ内も大きな進化を遂げそうだ。『I-PACE』から新テクノロジーを導入、『XE』同様に12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、最新のインフォテイメントシステム、空調を調節するための2番目のタッチスクリーンディスプレイを搭載するほか、新デザインのステアリングホイールを装備、センターコンソールには、新設計されたロータリーギアノブを搭載する。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する2.0リットル直列4気筒「インジニウム」ガソリンターボエンジンがラインアップされるほか、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒を搭載するマイルドハイブリッドが設定される可能性があるようだ。

XF改良新型のデビューは、2020年後半が予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集