70年代伝説のランチアが蘇る!? 現代版「ストラトス・ゼロ」を大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

70年代伝説のランチアが蘇る!? 現代版「ストラトス・ゼロ」を大予想

ラリーカーとして名を馳せたランチア『ストラトス』だが、1970年のトリノ・モーターショーで初公開された『ストラトス・HFゼロ』の現代版を予想したCGが公開されている。

自動車 新車スクープ
ストラトス zero 現代版 予想CG
ストラトス zero 現代版 予想CG 全 3 枚 拡大写真
ラリーカーとして名を馳せたランチア『ストラトス』だが、1970年のトリノ・モーターショーで初公開された『ストラトス・HFゼロ』の現代版を予想したCGが公開されている。

制作したのはデザイナーのShane Baxley氏だ。Spyder7編集部では、早速コンタクトを取り、画像を入手した。

ストラトス・ゼロは、「ストラトス」の名を冠した最初のコンセプトモデルだ。シャーシをランチア『フルヴィア クーペ』から流用し、最高出力115hpを発揮するミッドシップモデルとしてデビューした。その後『プロティーポ』、1974年には『ストラダーレ』と進化していく。最も特徴的なのはドアで、ゼロではサイドではなく、フロントガラスを開閉して乗降するという斬新なデザインとされている。

現代版「ストラトス・ゼロ」では、フロントガラスドアを継承し、ランボルギーニを彷彿させる地を這うようなワイドなボディスタイルが見てとれる。

ランチアは、「MAT」(マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ)の手により「ニュー・ストラトス」復活を計画、フェラーリ『430スクーデリア』をベースとして2019年3月のジュネーブモーターショーにて初公開している。この勢いに乗り、2020年には「ストラトス・ゼロ」がコンセプトモデルとして見られるかもしれない。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集