トヨタ C-HR 改良新型、ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化...GRスポーツも新規設定 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ C-HR 改良新型、ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化...GRスポーツも新規設定

トヨタ自動車は、コンパクトSUV『C-HR』をマイナーチェンジするとともに、新たに「GRスポーツ」を設定し、10月18日より販売を開始した。

自動車 ニューモデル
トヨタ C-HR S GRスポーツ(ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン)
トヨタ C-HR S GRスポーツ(ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン) 全 20 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、コンパクトSUV『C-HR』をマイナーチェンジするとともに、新たに「GRスポーツ」を設定し、10月18日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、エアインテークを左右に広げ、ワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置。「G」、「G-T」、「S GRスポーツ」、「S-T GRスポーツ」のヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとし、リヤコンビネーションランプにはシーケンシャルターンランプを採用。ワイドスタンスを強調するフロント&リアスタイルとすることで、よりスタイリッシュに進化した。

さらに、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを市販モデルに生かした「GRスポーツ」を新設定。フロア下にフロアセンターブレースを追加しボディ剛性を強化し、専用19インチタイヤを採用するとともに足回りも専用チューニングを施すことで、スポーティな走りを実現する。また、1.2リットルターボ車(FF)には6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加し、ラインアップを充実させた。

機能面では、スマートフォンとの連携を可能にしたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機DCMを全車に標準装備。安全機能も駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]をオプション設定するなど、装備の充実を図った。

ボディカラーは新色エモーショナルレッドII、オレンジメタリックなど8色を含む全16色を設定(モノトーン8色、ツートーン8色、GRスポーツは全11色)、内装色には新たにオーキッドブラウンを設定した。価格は236万7000円から309万5000円。

【トヨタ C-HR 改良新型】ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化、GRスポーツも新規設定

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集