トヨタ初の軽オープン誕生...『コペン GRスポーツ』、ダイハツからOEMで発売 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ初の軽オープン誕生...『コペン GRスポーツ』、ダイハツからOEMで発売

トヨタ自動車は、ダイハツからのOEM供給を受け『コペン GRスポーツ』を、全国のトヨタ車両販売店を通じて10月15日より発売した。

自動車 ニューモデル
トヨタ コペン GRスポーツ
トヨタ コペン GRスポーツ 全 33 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、ダイハツからのOEM供給を受け『コペン GRスポーツ』を、全国のトヨタ車両販売店を通じて10月15日より発売した。

コペン GRスポーツは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となる軽規格の2シーターオープンスポーツ。ダイハツが、TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動を通じて培った知見を開発に活かしたOEM供給車となる。

今回、メーカーという垣根を取り払い「もっといいクルマづくり」を目指して、トヨタの商品ラインアップにはないライトウェイトスポーツ「コペン」と「GR」が理想とする走りの味を融合。路面や車体の挙動をダイレクトに感じられ、スポーツカーらしいハードな乗り心地が楽しめる「コペン」の可能性をさらに広げ、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR」のエントリーモデルとして誕生した。


コペン GRスポーツは、、ボディ剛性や足回りのチューニングを中心に開発を進め、フロントブレース追加やセンターブレースの形状変更など、ボディの最適な剛性バランスを実現。造り込んだボディ剛性に対して、サスペンションのスプリングレートを最適化し、専用ショックアブソーバーとの組み合わせによって、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を追求した。

また、専用チューニングの電動パワーステアリングと相まって、ステアリング操作とクルマの動きとの一体感醸成に寄与。軽だからこそのエンジンパワーを使いきれる喜び、ライトウェイトスポーツらしい、意のままに車両をコントロールする「気持ち良さ」を提案する。


デザインは、走るための機能性を優先。フロントフェイスには、水平・垂直を基調とした、「GR」のアイコンとなる「Functional MATRIX」グリルを採用した。冷却性能向上に貢献する大開口ロアグリルと、走行性能向上に寄与するアンダースポイラー形状のフロントバンパーが精悍さを表現するとともに、低重心、ワイド&ローも強調。さらに、バンパー側面の延長やフロントバンパーエアアウトレットの設定などにより、空力性能の向上も図った。


インテリアは、専用レカロシート、専用自発光式3眼メーターの採用により走りへの期待感を、専用ピアノブラック調加飾のセンタークラスターが上質感ある雰囲気を演出。また、電動開閉式ルーフ「アクティブトップ」を標準装備し、オープンエアの爽快感を手軽に味わうことができる。

ボディカラーは全8色、内装色はブラック。価格はCVTが238万円、5速MTが243万5000円。

あわせて、カスタマイズパーツ「GR PARTS」をコペン GRスポーツにも設定し、発売。空力性能に加えワイド&ローなスタイリングを演出するフロントスポイラーやサイドスカート、リヤサイドスポイラーをはじめ、フロントコーナースポイラー、リヤトランクスポイラーなどを取り揃える。

トヨタが『コペン GRスポーツ』発売…ダイハツからOEM、トヨタ初の軽オープンに

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集