圧倒する存在感!トヨタ グランエース新型、発売は年内…東京モーターショー2019出品予定[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

圧倒する存在感!トヨタ グランエース新型、発売は年内…東京モーターショー2019出品予定[特集写真]

トヨタ自動車は、新型フルサイズワゴン『グランエース』を2019年内に発売する予定だ。10月23日から11月4日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催される東京モーターショー2019で初披露する。

自動車 ニューモデル
トヨタ・グランエース
トヨタ・グランエース 全 24 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、新型フルサイズワゴン『グランエース』を2019年内に発売する予定だ。10月23日から11月4日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催される東京モーターショー2019で初披露する。

グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのサイズを活かすと同時に、圧倒的な存在感も主張する。

外形スタイルでは、金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させることで、華やかかつ、押し出しの強いフロントフェイスを演出した。グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる、特徴的なLEDデイタイムランニングランプと、クロム加飾フレームでひとくくりにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプは、高級車に相応しい先進性の表現だ。

駆動レイアウトはFRを採用。「1GD」2.8リットル・クリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え、低回転からのトルクフルな走行をねらって開発された。

リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを採用。環状骨格構造採用などでボディ剛性を高め、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を図った。さらに振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求した。

安全面では、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備した。駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナーなどの装備も充実させた。

グランエースはトヨタ車体のブースにおいて発表される予定だ。

トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの圧倒的な存在感…東京モーターショー2019出品予定[詳細画像]

《高木啓@レスポンス》

この記事の写真

/

特集