これが噂の「マッハE」!?フォードEV版マスタング、いよいよ11月公開か | Spyder7(スパイダーセブン)

これが噂の「マッハE」!?フォードEV版マスタング、いよいよ11月公開か

フォードが開発している新型EVが、11月のロサンゼルスモーターショーで初公開となる可能性が高まっている。

自動車 新車スクープ
フォード 電気SUV 予想CG
フォード 電気SUV 予想CG 全 4 枚 拡大写真
フォードが開発している新型EVが、11月のロサンゼルスモーターショーで初公開となる可能性が高まっている。

この新型EVは、スポーツカー『マスタング』からインスパイアされたエクステリアを持ち、社内コードネームは「CX430」と呼ばれている。

予想CGを提供してくれたのはおなじみX-Tomeデザインだ。マスタングに酷似したヘッドライトやグリルを装備、かなりリフトアップされているが、その上部はまさにスポーツカーそのもので、往来のクーペSUVを凌ぐスピード感のあるルーフラインが見てとれる。

情報によると、1回の充電による航続距離は300マイル(483km)と伝えられ、ライバルとなるテスラ『モデルX P100D』の295マイル(約474km)以上の高性能となる。しかしこれだけではなく、最新情報によると高性能バージョンが存在し、最大373マイル(600km)という驚異の航続距離を可能にするという。

ワールドプレミアは11月が有力だが、2020年から6月開催となるデトロイトモーターショーの可能性もあるようで、市販型には『マッハ1』や『マッハE』の車名が噂されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集