ホンダ「リッジライン」、ハイブリッドモデル開発中か...デビューは2020年 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ「リッジライン」、ハイブリッドモデル開発中か...デビューは2020年

ホンダは、スポーツ・ユーティリティトラック『リッジライン』にハイブリッドモデルを設定する可能性があることがわかった。

自動車 新車スクープ
ホンダ リッジライン
ホンダ リッジライン 全 4 枚 拡大写真
ホンダは、スポーツ・ユーティリティトラック『リッジライン』にハイブリッドモデルを設定する可能性があることがわかった。

リッジラインは、初代が2005年3月に米国で発売。2016年に登場した2代目では、ドアパネルやフロントマスクを刷新、SUV『パイロット』と共通化したほか、FF仕様も追加設定された。パワートレインは、直噴3.5リットルV型6気筒ガソリン「i-VTEC」を搭載し、6速ATと組み合わされている。

このハイブリッド設定のニュースソースは、ルイジアナ州のホンダディーラーが、Webサイトに「近日公開」というメッセージを載せたことだった。しかし、このメッセージは即日削除。理由は不明だが、ディーラーに大きなミスがあったと考えられる。

リッジラインのハイブリッドは、『アコード ハイブリッド』から流用される2.0リットル直列4気筒エンジンと新世代2モーターハイブリッドテクノロジーで、最高出力212psを発揮、米国EPA認定燃費では、48マイル(約20.4km/リットル)と発表されている。

リッジライン ハイブリッドの世界公開は2020年前半と予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集