ベントレー、2025年までにブランド初のEV発売へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレー、2025年までにブランド初のEV発売へ!

ベントレー(Bentley)は10月4日、2023年までに全モデルにプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2025年までにブランド初のEVを市販すると発表した。

自動車 ビジネス
ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド
ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド 全 10 枚 拡大写真
ベントレー(Bentley)は10月4日、2023年までに全モデルにプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2025年までにブランド初のEVを市販すると発表した。

ベントレーはブランド初の電動モデルとして、『ベンテイガ・ハイブリッド』を欧州で発売したばかり。同車は、ベントレーのSUV、『ベンテイガ』に設定されたプラグインハイブリッド車(PHV)で、ベントレー初の市販PHVだ。

このベンテイガ・ハイブリッドに続いて、ベントレーは2023年までに全モデルにPHVを設定し、2025年までにブランド初のEVを市販する計画だ。

なお、ベントレーは2019年7月、創業100周年を祝うEVコンセプトカーとして、『EXP 100 GT』を発表した。全長5800mmの2ドアクーペボディに、電気モーターを4個搭載する。4個のモーターは合計で153kgmの最大トルクを引き出す。車両重量は1900kg。パワフルなモーターは、0~100km加速2.5秒以下、最高速300km/hのパフォーマンスを可能にする。

バッテリーは、エネルギー密度が従来の5倍と高いものを搭載する。そのため、わずか15分でバッテリー容量の80%を充電できる。1回の充電で、最大700kmの航続を可能にしている。

ベントレー、全車にPHV設定へ…ブランド初のEVも市販予定

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集