VW ゴルフ新型、10月24日デビュー決定!テーマは「Life Happens with Golf」 | Spyder7(スパイダーセブン)

VW ゴルフ新型、10月24日デビュー決定!テーマは「Life Happens with Golf」

VWは、ベストセラー『ゴルフ』新型(Mk8)を10月24日に世界初公開すると発表した。

自動車 新車スクープ
VW ゴルフ GTE 開発車両 スクープ写真
VW ゴルフ GTE 開発車両 スクープ写真 全 14 枚 拡大写真
VWは、ベストセラー『ゴルフ』新型(Mk8)を10月24日に世界初公開すると発表した。

ゴルフは1974年3月に発売されて以来、3,500万台以上の売上を記録している世界大衆車のベンチマークだ。これまで6回のフルモデルチェンジを経て、いよいよ第8世代へバトンタッチされる。新型のキャッチフレーズは「Life Happens with Golf」と発表、完成されたデザイン、インテリジェントなデジタルの導入、ネットワーク化された運転支援システムを搭載すると伝えられる。

新型のアーキテクチャには、VWグループ最新の「MQB」プラットフォームを採用。ホイールベースを延長し、居住空間が向上するとみられている。往来のハッチバック形状を維持し、オーバーハングを短く、よりシャープなラインと組み合わせることにより、スポーティさがアップされるだろう。捉えたスパイショットは、プラグインハイブリッド版『ゴルフGTE』の最新プロトタイプで、フロントバンパーまわりは異なるものの、Mk8のLEDデイタイムランニングライトやテールライトは、このGTEデザインから読み取れることができるはずだ。

キャビン内では、ハイテク2面ディスプレイが目を引く。VW第三世代のインフォテイメントシステムや、最新のデジタルインストルメントクラスタが搭載される。

パワートレインは、直列3気筒1.0リットルTSI、直列4気筒1.5リットルTSIがラインアップされるほか、高性能『GTI』では、最高出力255psから300pspsとも予想される2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載する。またプラグインハイブリッドGTEでは、EV航続距離が50マイル(約80km)と噂されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集