海のレクサス「LY650」、フラッグシップヨットを世界初披露! | Spyder7(スパイダーセブン)

海のレクサス「LY650」、フラッグシップヨットを世界初披露!

レクサスは19日、ブランド初のラグジュアリーヨット『LY650』を米フロリダ州のボカラトンで発表した。

話題 企業
レクサス LY650
レクサス LY650 全 14 枚 拡大写真
レクサスは19日、ブランド初のラグジュアリーヨット『LY650』を米フロリダ州のボカラトンで発表した。

LY650は、2017年1月に発表したレクサス『スポーツヨットコンセプト』の構想を基に、独自のデザインと優れた航走性能、快適な居住空間を実現。ラグジュアリーライフスタイルブランドを目指すレクサスが、海でも感性を刺激する唯一無二の体験をもたらすべく、最新テクノロジーと匠の技を融合したたフラッグシップ艇だ。

エクステリアでは、特徴的な丸みを帯びた船首部や、クラス最大級のワイドビームを活かしたダイナミックな船体形状など、一目でレクサスとわかる独自の存在感を創出。また、クーペのようなルーフラインやリヤの豊かなボリュームを強調する造形で、航走性能の高さを強調している。

インテリアは、イタリアのヨットデザイン会社Nuvolari Lenardとのコラボレーションにより、先進的なデザインに日本のおもてなし思想を融合。白を基調とした明るく開放感のある室内空間に、曲線主体の意匠と独創的な照明を組み合わせることで心地よい包まれ感を演出している。サロン内には、前方に操船席とソファ、後方にギャレーを効率的に配置。またサロン階下には、2メートル超のヘッドクリアランスを確保した優雅な3つのベッドルームを設置し、それぞれに専用のシャワールームを完備する。

パフォーマンスでは、レクサスの追求する「すっきりと奥深い」航走性能を目指し、CFRPとGFRPを組み合わせた軽量・高剛性な船体をMarquis Yachts社と共同開発。パワートレーンはVolvo Penta IPSシステムを2基搭載。流体解析技術を駆使した独自の船底形状との融合により、安定した操縦性や優れた乗り心地を実現している。加えて、先進のボートコネクティッド技術「LY-Link」を搭載。さまざまな情報をタイムリーに共有・提供する。

なお、LY650は、フロリダで、10月30日から11月3日に開催されるフォートローダーデール国際ボートショーに出展予定だ。

<おわび>当初、LY650をフランクフルトモーターショー2019で発表と読める表記でしたが、フロリダでの発表のまちがいでした。修正して再出力しました。

海を走るレクサス、フラッグシップヨットを世界初披露[訂正]

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集