アストンマーティン初のSUV、ニュルで高速テスト開始...電動モデルは2021年にも登場へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

アストンマーティン初のSUV、ニュルで高速テスト開始...電動モデルは2021年にも登場へ!

アストンマーティン初の高級クロスオーバーSUV、『DBX』がニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真 全 10 枚 拡大写真
アストンマーティン初の高級クロスオーバーSUV、『DBX』がニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

前回同様、薄いカモフラージュで登場したプロトタイプのリアエンドには、2ドアスポーツ『ヴァンテージ』を彷彿させるスリムなテールライトや、センターフィン付きルーフマウントスポイラーを装備、ヘッドライトには湾曲したLEDデイタイムランニングライトも確認できる。

アストンマーティンは、2020年前半にDBXの発売を計画しているが、今年始めには、新しい「St Athan Plant」(セント・アサン工場)でプリプロダクションバージョンを構築、ニュルで捉えた開発車両がそれだ。DBXは同社がダイナミック・オンロードパフォーマンスを実現するべく、新しい専用テストプログラムを実施した最初のモデルであり、テストは中東の砂漠、ドイツのアウトバーン、ニュルブルクリンクで繰り替えされている。生産型では、期待された3ドアではなく、5ドアレイアウトで実用性が高められた。

同モデルは、アストンマーティンのアーキテクチャに基づいて構築、現在計画中のラゴンダ製セダンやSUVと深い関係性を持ち、新型ラゴンダとウェールズで生産が予定されている。

パワートレインは、最高出力510psを発揮するメルセデスAMG製の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンや、『DB11』から流用する自社製5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンなどが予想されている。さらにメルセデスベンツのハイブリッド技術を採用した電動モデルの設定も濃厚で、2021年には登場が期待できそうだ。

DBX市販型のワールドプレミアは、12月に予定されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集