復活のランドローバー ディフェンダー新型、 追求したのはアプローチアングル[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

復活のランドローバー ディフェンダー新型、 追求したのはアプローチアングル[特集写真]

ランドローバーは、9月10日にドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において、新型『ディフェンダー』を初公開。伝統のオフロード性能に加えて、まったく新しい内外装デザインや最新のコネクティビティ、先進運転支援システム(ADAS)などを採用する。

自動車 ニューモデル
ランドローバー ディフェンダー 新型(フランクフルトモーターショー2019)
ランドローバー ディフェンダー 新型(フランクフルトモーターショー2019) 全 20 枚 拡大写真
ランドローバーは、9月10日にドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において、新型『ディフェンダー』を初公開。伝統のオフロード性能に加えて、まったく新しい内外装デザインや最新のコネクティビティ、先進運転支援システム(ADAS)などを採用する。

新型は、短い前後オーバーハングにより、優れたアプローチアングル、デパーチャーアングルを追求した。ひと目でディフェンダーとわかるシルエットに仕上げている。ランドローバーのデザイナーは、専用の直立フォルムをはじめ、ルーフ後方に取り付けた「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのリアテールゲート、背面スペアタイヤなど、初代ディフェンダーの特長を新たな形で取り入れ、21世紀仕様の最新SUVを開発した。

インテリアにも、初代のデザイン要素を受け継ぐ。通常は見えないように設計される構造物や装具をあえて露出させ、シンプルさと実用性を強調している。シフトレバーをダッシュボードに取り付け、オプションで追加できる「ジャンプシート」を用意した。このジャンプシートは初期のランドローバー車のように、フロントシートを3名掛けにすることができる。

新型には、ロングボディとショートボディの2種類を設定する。ロングボディの「ディフェンダー 110」は5シート、6シート、5+2シートから選択できる。2列目シート後方の収納容量は最大1075リットルで、シートを倒した場合は2380リットルまで拡大する。

ショートボディの「ディフェンダー 90」の全長は、ファミリー向けのコンパクトハッチバックと同等のサイズになる予定だ。5名乗りが基本で、ジャンプシートを選択すると6名が乗車できる。

ランドローバー ディフェンダー 復活、ロング&ショートボディを披露…フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

この記事の写真

/

特集