専用フォグ装備...BMW X2に初のPHEV設定!220馬力を発揮 | Spyder7(スパイダーセブン)

専用フォグ装備...BMW X2に初のPHEV設定!220馬力を発揮

BMWはコンパクトSAC(スポーツ・アクティビティクーペ)『X2』に、初のPHEVモデル『X2 xDrive25e』を設定することがわかった。その市販型プロトタイプを、初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW X2 xDrive25e 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMW X2 xDrive25e 市販型プロトタイプ スクープ写真 全 8 枚 拡大写真
BMWはコンパクトSAC(スポーツ・アクティビティクーペ)『X2』に、初のPHEVモデル『X2 xDrive25e』を設定することがわかった。その市販型プロトタイプを、初めてカメラが捉えた。

X2は2016年パリモーターショーでコンセプトモデルを初公開、その後2018年1月のデトロイトモーターショーで市販型を発表し、同年日本市場にも導入されている。日本では、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載する「xDrive18i」、および最高出力192psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン搭載の「xDrive20i」が設定されている。


キャッチした開発車両は、左フェンダー上部に充電ポートが見られるほか、テールゲートには「Hybrid Test Vehicle」の文字が記されており、PHEVであることは間違いない。一見フルヌードに見えるが、フォグランプがステッカーで偽装されているため、専用のデザインが与えられる可能性があるだろう。

同社が中国市場で導入している『X1 xDrive25e』は、『2シリーズアクティブツアラー』のPHEV「225xe」の技術のアップデート版を採用している。前輪軸と後輪軸に電気駆動装置を持つ4WD直列3気筒エンジンだが、そのシステムがX2 xDrive25eにも流用されると見られる。

パワートレインは、最高出力125psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンと最高出力95psを発揮する電気モーターを搭載、システム合計220psを発揮する。6速ATと組み合わされ、EV走行は50kmと予想される。

BMWは2020年までに10台の新型電動モデルを追加することを発表しており、その1台であるX2 xDrive25eのワールドプレミアは、最速でフランクフルトモーターショーの可能性もある。

BMW X2 に初のPHEV設定へ、EV航続は50km?まもなく発表か

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集