帰ってきた究極のメルセデスAMG、「GT Rブラックシリーズ」最新プロトがニュル降臨! | Spyder7(スパイダーセブン)

帰ってきた究極のメルセデスAMG、「GT Rブラックシリーズ」最新プロトがニュル降臨!

メルセデスベンツが誇る高性能モデル、AMGの中でも際立った存在である『AMG GT Rブラックシリーズ』生産型がニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真 全 9 枚 拡大写真
メルセデスベンツが誇る高性能モデル、AMGの中でも際立った存在である『AMG GT Rブラックシリーズ』生産型がニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

最新開発車両でも、ボンネットフードに巨大なエアベントを装備、攻撃的なフロントスプリッター、カナード(整流板)を伴うエアインテークなど、レーシーなフロントエンドが見られる。さらにフロントフェンダー後部にカナード、リアエンドに大型の固定ウィング、バンパーにエアアウトレット、ディフューザー、クワッドエキゾーストパイプなど、ハードコアモデル特有のエクステリアに仕上げられている。

AMG GTシリーズは、『GT S』、『GT R』『GT Rロードスター』『GT C』『GT Cロードスター』など多数のラインアップが存在しているほか、2018年11月にはサーキットでのパフォーマンスを追求した『GT Rプロ』が設定されている。「ブラックシリーズ」は『SLS AMG GT』にも設定されていた最強の限定モデルであり、その車名は2014年以来の復活となる。

パワートレインは、『AMG GT63 S4ドアクーペ』と共有するAMG伝統の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、ブーストアップにより最高出力は700ps以上と噂されている。

ポルシェ『911 GT2 RS』やマクラーレン『720S』をライバルとする究極のメルセデスAMGは、2020年以内のワールドプレミアが期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集