ベントレー ベンテイガが大幅改良へ...コンチネンタルGT風テールライトで馬力もアップ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレー ベンテイガが大幅改良へ...コンチネンタルGT風テールライトで馬力もアップ!

ベントレーのクロスオーバーSUV『ベンテイガ』初となる改良新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 15 枚 拡大写真
ベントレーのクロスオーバーSUV『ベンテイガ』初となる改良新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

2015年に発表されたベンテイガは、翌2016年には日本にも導入され、2017年に限定モデル『ベンテイガ オニキス エディション』、2018年にV型8気筒モデルやハイブリッドモデル、さらに2019年には最高出力635psを発揮する『ベンテイガスピード』などを続々と投入してきた。そして今回初のフェイスリフトが執行される。

軽めのカモフラージュが施されたプロトタイプは、ヘッドライトが『フライングスパー』2020年型と同タイプに修正されると予想され、外側のLEDライトのサイズも変更されている可能性がある。またグリルを始めエアインテークやバンパー形状も再設計し、フロントエンドが刷新されるだろう。

リアエンドでは、ルーフスポイラーが大型化され、よりスポーティなデザインにされるほか、ツインエキゾーストパイプのデザインもリフレッシュ。テールライトは『コンチネンタルGT』風の楕円形LEDライトリングが、カモフラージュから透けて見えている。


パワートレインにも注目だ。現行モデルには6.0リットルW12型ツインターボエンジンが搭載されており、最高出力608psを発揮するが、改良型では635psまで向上される可能性があるという。その場合、最高出力635psを発揮する「ベンテイガ スピード」も650psから670ps程度までアップされるだろう。しかし、4.0リットルV型8気筒モデルや、プラグインハイブリッドモデルはキャリーオーバーされる可能性が高い。

ワールドプレミアは、2020年内と思われる。

ベントレー ベンテイガ が初の大幅改良へ…ライトまわりを一新!出力さらにアップか

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集