日産 ノート、2020年型は米国で導入中止が決定...今後は新型「ヴァーサ」の販売に注力 | Spyder7(スパイダーセブン)

日産 ノート、2020年型は米国で導入中止が決定...今後は新型「ヴァーサ」の販売に注力

日産自動車(Nissan)の米国法人の北米日産は、『ヴァーサノート』(日本名:『ノート』に相当)を、2020年モデルからラインナップしないと発表した。

自動車 ビジネス
日産 ヴァーサ・ノート(ノート)の2019年モデル
日産 ヴァーサ・ノート(ノート)の2019年モデル 全 4 枚 拡大写真
日産自動車(Nissan)の米国法人の北米日産は、『ヴァーサノート』(日本名:『ノート』に相当)を、2020年モデルからラインナップしないと発表した。

ヴァーサノートは2013年1月、デトロイトモーターショー2013で初公開された。同車は、日産が米国市場に投入した新型ハッチバック車で、従来の『ヴァーサ』ハッチバック(日本名:『ティーダ』に相当)の後継車に位置付けられた。

ヴァーサノートは、日本向けのノートそのものだ。ただし、米国向けのヴァーサ ノートは、自然吸気の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンのみ。最大出力は109ps、最大トルクは14.8kgmを引き出す。トランスミッションは、米国仕様ではエクストロニックCVTを組み合わせる。

2016年秋には、ヴァーサノートがデビューおよそ4年を経て、初の大幅改良を受けて、2017年モデルを発表した。改良の内容は日本向けのノートに準じており、日産独自の「Vモーション」グリルを採用するなどして、表情を一新した。

北米日産は今回、このヴァーサノートを2020年モデルからラインナップしないと発表した。2019年モデルの在庫をもって、販売を終了する。北米日産は今後、ヴァーサファミリーについては、4ドアセダンの新型ヴァーサの販売に注力する、としている。

日産 ノート、2020年型は米国で導入中止へ…新型セダンの販売に注力

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集