世界最強の4気筒も設定へ...メルセデスAMG GLA「35」&「45」開発車両を徹底比較! | Spyder7(スパイダーセブン)

世界最強の4気筒も設定へ...メルセデスAMG GLA「35」&「45」開発車両を徹底比較!

メルセデスベンツは、現在エントリー・クロスオーバーSUV『GLA』次期型を開発しているが、その高性能モデルとなる『AMG GLA35』、及び頂点に君臨する『AMG GLA45』の同時スクープに成功した。

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」
メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」 全 19 枚 拡大写真
メルセデスベンツは、現在エントリー・クロスオーバーSUV『GLA』次期型を開発しているが、その高性能モデルとなる『AMG GLA35』、及び頂点に君臨する『AMG GLA45』の同時スクープに成功した。

「GLA」はエントリーSUVとして、2014年に北米でデビュー、同年に日本にも導入されている。2017年にはマイナーチェンジが行われ、同社クロスオーバーSUVの特徴である「パンチドグリル」を採用、SUV色が強められた。初のフルモデルチェンジでは、薄型のヘッドライトを装着。「MFA2」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長されるほか、トレッドの拡大も見込まれている。

今回はその高性能モデルとなる、AMG GLA35、及びGLA45を同時にキャッチした。捉えた両プロトタイプを比較すると、クローズアップ写真でも確認できる通り、GLA45のルーフスポイラーはアグレッシブな上向きのデザインが与えられ、ホイールもそれぞれ専用デザインを持つほか、エキゾーストパイプの太さにも違いが見られる。

メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!両車の違い
メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!両車の違い
しかし顕著なのはフロントグリルだろう。どちらもカモフラージュされているが、GLA45には縦スラットの入ったパナメリカーナグリルが装着されるはずだ。

AMG GLA35のパワートレインは、最高出力306psを発揮する2.0リット直列4気筒ガソリンターボエンジン、AMG GLA45には世界最強と伝えられている「M139」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン最高出力を搭載、最高出力は387psを発揮する。また遅れて登場が予想される「AMG GLA45S」は最高出力が421psまで向上すると噂されている。

ワールドプレミアは、早くても2020年以降となるだろう。

世界最強の4気筒も…メルセデスAMG GLA「35」&「45」開発車両を徹底比較!

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集