テスラを猛追...新興メーカーDrako、1200馬力の電動ハイパーセダン「GTE」発表! | Spyder7(スパイダーセブン)

テスラを猛追...新興メーカーDrako、1200馬力の電動ハイパーセダン「GTE」発表!

電動モデルのスタートアップ企業、「Drako Motors」は、予告通り「Quail Motorsports Gathering」にて電動ハイパーセダン『GTE』を発表した。

自動車 ニューモデル
Drako 電動ハイパーセダン GTE
Drako 電動ハイパーセダン GTE 全 9 枚 拡大写真
電動モデルのスタートアップ企業、「Drako Motors」は、予告通り「Quail Motorsports Gathering」にて電動ハイパーセダン『GTE』を発表した。

フィスカーの『カルマ』をベースとして開発された「GTE」のフロントエンドには、湾曲した薄型ヘッドライト、カーボンファイバーフード、そして大型エアインテークが見てとれる。サイドビューでは、スポーティなサイドスカートやボディに隠されたポップアップ式ドアハンドルを装備し、リアエンドでは、巨大ディフューザー、トランクリッドスポイラーなどが確認できる。

一部のみ公開されたキャビン内からは、4人乗りレイアウトやアルカンターラやレザーを採用したスポーツシートが採用されていることがわかる。コックピットは写されていないが、タッチスクリーン・インフォテイメントシステムやカーボントリムが装備されているようだ。

パワートレインは、90kWhのバッテリーと4基以上の電気モーターを搭載し、最高出力1,217ps、最大トルク8,800Nmを発揮する。0-100km/h加速は発表されていないが、最高速度は332km/hのパフォーマンスを誇るという。

充電時間も公開されていなが、15kWのオンボード充電器を採用し、最大150kWのDC高速充電機の使用が可能だ。その他注目すべき機能としては、オーリンズサスペンションとブレンボカーボンセラミックブレーキを搭載すると伝えられている。

テスラを猛追する勢いを感じる、「GTE」の価格は112万ポンド(約1億4千万円)で、限定販売25台は2020年よりデリバリー開始されるという。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集