BMW1シリーズ、超強力な電動ホットハッチ設定か...400馬力「M140e」計画の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW1シリーズ、超強力な電動ホットハッチ設定か...400馬力「M140e」計画の噂!

BMWは、エントリーモデル『1シリーズ』新型に最強モデルとなる『M135i』をラインアップしているが、さらにその上位モデルとなるPHV『M140e』を設定する計画があることがわかった。

自動車 新車スクープ
BMW M135i xDrive
BMW M135i xDrive 全 15 枚 拡大写真
BMWは、エントリーモデル『1シリーズ』新型に最強モデルとなる『M135i』をラインアップしているが、さらにその上位モデルとなるPHV『M140e』を設定する計画があることがわかった。

1シリーズは、同社が2004年から発売されているCセグメントハッチバックだ。駆動方式はFRを採用し、コンパクトながら駆けぬける歓びを継承した。その後2011年に第2世代が発売され、2019年には第3世代が登場、歴代初となるFF駆動を採用し室内空間の拡大が図られた。現行モデル発表直後に設定された最強モデル「M135i xDrive」は、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力306hpを発揮、8速「ステップトロニック」と組み合わされ、駆動方式は4WDとなっている。

BMWは、2023年までに25車種の電動モデルを発売予定で、「M140e」はその中の1台と思われる。予想パワートレインは、「M135i」同様の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンに電気モーターを組み合わせ、最高出力400hp、最大トルク400Nmを発揮する。また35kWhのバッテリーを搭載し、EV走行は50~70マイル(80km~112km)が予想され、順調に計画が進めば、2020年にもワールドプレミアが期待できるという。

ライバルとなるメルセデス『AMG A45』は、世界で最もパワフルと言われる直4を搭載、最高出力は387hpを発揮し、頂点「S」では最高出力が421hpまで高められている。VWも『ゴルフ』新型が控えており、2020年以降高性能ハッチバックの熱い戦いが見られそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集