三菱 eKクロス 新型試乗!思いやりがギュッと詰まっているんです…竹岡圭 | Spyder7(スパイダーセブン)

三菱 eKクロス 新型試乗!思いやりがギュッと詰まっているんです…竹岡圭

軽自動車は規格があるからこそ、その中で切磋琢磨して、いいものが誕生するというのが私の信条だったりしますが、実際最近の軽自動車は、下手なコンパクトカーよりもよっぽど装備が充実しているんですよね。

自動車 ニューモデル
三菱 eKクロス 新型
三菱 eKクロス 新型 全 18 枚 拡大写真
軽自動車は規格があるからこそ、その中で切磋琢磨して、いいものが誕生するというのが私の信条だったりしますが、実際最近の軽自動車は、下手なコンパクトカーよりもよっぽど装備が充実しているんですよね。

わかりやすく言うと、前のクルマについていきながら、ハンドルサポートもしてくれちゃう装備(MI-PILOT・マイパイロット)がついた『eKクロス』もそう。そして、ついついそういった新しい装備に目が行きがちなんですけど、実はeKクロスはもっと基本のキの字のようなところまで配慮が行き届いているんです。

三菱 eKクロス 新型
例えば、ペダルの角度が寝かされていること。特に小柄で足が小さい人でも付かれにくく適切なペダル操作ができるようになっているんですよね。シフトレバーの角度もさほど力を入れなくても届きやすく操作しやすいようになっているなんていうのもそう。

また、狭い街中などでハンドルを切る際に、グッと大きく切れるようになっているので、運転があまり得意じゃないという女性の方や、だんだんと色々なところが…というご年輩の方も、思った通りに運転しやすい等々、思いやりのポイントがギュッと詰まっているんです。

ベースがしっかりしているからこそ、運転が得意な人も物足りなさを感じない。つまりクルマ本来の性能が高いんですよね。

もちろんアウトドアが似合いそうなデザインにふさわしく、グリップコントロール機能なんかもついています。2WDの軽自動車でこの機能がついているのはeKクロスだけ。派手なだけではない、ちゃんとした軽自動車です。

三菱 デリカD:5 新型(右)と eKクロス 新型(左)

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

【三菱 eKクロス 新型試乗】思いやりがギュッと詰まっているんです…竹岡圭

《竹岡圭@レスポンス》

この記事の写真

/

特集