VW新型EVクーペSUV「ID.CROZZ」、これが市販モデルだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW新型EVクーペSUV「ID.CROZZ」、これが市販モデルだ!

VWが開発している電動車ブランド「ID.」ファミリー第2弾となる『ID.CROZZ』(仮称)市販型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
VW ID CROZZ 市販型 スクープ写真
VW ID CROZZ 市販型 スクープ写真 全 15 枚 拡大写真
VWが開発している電動車ブランド「ID.」ファミリー第2弾となる『ID.CROZZ』(仮称)市販型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

VWはこの3年間で『ID.3』『ID.CROZZ』『ID.BUZZ』ら3台のコンセプトカーを発表している。第1弾として「ID.3」の市販型が9月のフランクフルトモーターショーで初公開される予定で、第2弾となるのがこのID.CROZZとなる。

2017年の上海モーターショーでプレビューされたID.CROZZコンセプトは、ID.3同様に「MEB」プラットフォームを採用し、『ティグアン』より大型で『ティグアン オールスペース』よりコンパクトなボディサイズの電気クロスオーバー・クーペSUVとなる。

捉えた市販型プロトタイプは、ID.3に似たヘッドライトとグリルを装備。コンセプトモデルでは極端なクーペルーフを持っていたが、市販型のリアウィンドウは実用性を重視、それほど傾斜されていないことも確認できる。Dピラーへ伸びる張り出したキャラクターラインや、再設計されたテールライトの一部も見てとれる。

パワートレインは、前後車軸に1基ずつ、合計2基の電気モーターを搭載、最高出力は300ps以上を発揮する。1回の充電で310マイル(500km)の航続を可能にし、150kWの急速充電器により30分で最大80%の充電を完了すると言われる。

今回捉えた車両は初期プロトタイプで、発売は最速でも2020年後半と予想される。すでに米国での発売も確定しており、生産はVWのEmden(エムデン)工場で行われる可能性が高い。

VWの電動クーペSUV「ID.CROZZ」、これが市販モデルだ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集