メルセデスベンツAクラス初のPHV、9月デビューが濃厚!強力パワートレインも発覚 | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツAクラス初のPHV、9月デビューが濃厚!強力パワートレインも発覚

かねてから噂のあった、メルセデスベンツのエントリーモデル『Aクラス』のPHV(プラグインハイブリッド)モデルが、9月にも登場する可能性が高いことがわかった。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Aクラス 現行型
メルセデスベンツ Aクラス 現行型 全 5 枚 拡大写真
かねてから噂のあった、メルセデスベンツのエントリーモデル『Aクラス』のPHV(プラグインハイブリッド)モデルが、9月にも登場する可能性が高いことがわかった。

英Autocar誌の調べによると、メルセデスベンツ内部関係者、及びドイツ運輸当局の資料により『A250e』の車名が与えられることがわかったという。Aクラスは1997年に初代が発売、2004年に2代目、2012年に3代目、そして2018年から現行モデルへ移行しているが、電動化は初となる。

A250eは、『A200』と同じく1.3リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載。これに電気モーターが合わされ、最高出力は161ps+モーター101ps、最大トルクは250Nm+モーター300Nmという強力なパワーを発揮する。またトランスミッションは、『GLB』新型から流用される8速DCTと予想されている。

後部座席の下には、「LG Chem」から供給される15kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV航続距離は37マイル(約60km)を可能にすると思われる。またドイツ運輸当局の文書によると、最高速度は87マイル(140km/h)で、バッテリーに対応すべくサスペンションも専用セッティングされているという。

ワールドプレミアの場は、9月のフランクフルトモーターショーとなりそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集