電動化されるBMW X6新型、フロントマスクに迫力...正式デビューはフランクフルトモーターショーか | Spyder7(スパイダーセブン)

電動化されるBMW X6新型、フロントマスクに迫力...正式デビューはフランクフルトモーターショーか

BMWのフラッグシップ・クロスオーバー・クーペSUV、『X6』新型の姿が見えてきた。今回Spyder7は、レンダリングCGを入手した。

自動車 新車スクープ
BMW X6 新型(予想CG)
BMW X6 新型(予想CG) 全 6 枚 拡大写真
BMWのフラッグシップ・クロスオーバー・クーペSUV、『X6』新型の姿が見えてきた。今回Spyder7は、レンダリングCGを入手した。

現在、同ブランドSUVとしては、エントリーモデルの『X1』から旗艦モデル『X7』がラインアップされている。その内、偶数がクーペSUVという設定で、X6はご存知の通りフラッグシップ・クーペSUVにあたる。

ボディサイズは、最小のクーペSUV『X2』の全長4375mmに対し4925mmと大柄だ。新型では、「CLAR」プラットフォームを採用、フロント&リアオーバーハングは切り詰めながら居住空間や後部座席ヘッドルームが改善し、軽量化される見込みだ。

描かれたフロントマスクには、現行モデルより大型化されたキドニーグリルを装着、ハーフカップのC型LEDデイタイムランニングライトが採用されることにより、かなり迫力が増している。上下二分割されていたバンパーのエアインテークは合体、コーナーエアインテークは横型から縦に広がり、丸型フォグランプはLEDバー変わるなど、キープコンセプトながら多数の進化が見てとれる。

パワートレインの詳細も見えたきた。最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、最高出力462psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン、最高出力270psと400psを発揮する3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボエンジンをラインアップ。

またX6初のプラグインハイブリッドが設定される可能性が高い。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ+モーターの組み合わせで、最高出力250psを発揮する。

X6新型のワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力。だが、その前にオンラインデビューの可能性もありそうだ。

BMW X6 も電動化へ…迫力アップの新型、発表はフランクフルトショーか

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集