7月4日、ライトウェイト・モンスター「ウルティマ」が1200馬力の「RS」を発表へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

7月4日、ライトウェイト・モンスター「ウルティマ」が1200馬力の「RS」を発表へ!

英自動車メーカー「ウルティマ」は、同ブランド最強モデルとなる『ウルティマ RS』を、7月4日から7日までイギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019にて初公開することを発表した。

自動車 ニューモデル
ウルティマ RS
ウルティマ RS 全 14 枚 拡大写真
英自動車メーカー「ウルティマ」は、同ブランド最強モデルとなる『ウルティマ RS』を、7月4日から7日までイギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019にて初公開することを発表した。

1983年に設立されたウルティマは、これまで『ウルティマGTR』、『ウルティマ Can- Am』、『ウルティマ エボリューション クーペ/コンバーチブル』などを発表。2004年には、0-100マイルにおけるワールドレコードを叩き出し、ライトウェイト・モンスターとして君臨した。

7月に発表される「RS」は、ポルシェ『956』やジャガー『XJR-12』など1980年代から1990年台の耐久レースで活躍したグループCカーからインスパイアされたモデルで、これまでのモデルよりダウンフォースやエアフローの向上に重点を置いて開発されたという。

エクステリアでは、フロントバンパーに強力なダウンフォースを生むカナード、ボディサイドには冷却効果を高める大型エアインテークなどを装備し、GTRよりアグレッシブなデザインとなっている。

パワートレインは、GM製6.2リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力は、エントリーモデル「LT1」エンジンが480ps、上位モデル「LT4」エンジンが650ps、ハイエンドモデル「LT5」エンジンが800psと3つのグレードをラインアップし、6速MTと組み合わされる。しかし純正チューニングにより、最高出力1200psまでブーストアップが可能となり、「エボリューション」の1034psを大きく更新するパワーとなる。

キャビン内は、余計なものを省いたシンプルなレーシー仕様だ。但しエアコン、ナビエーション、バックカメラ、パーキングセンサー、革張りまたはアルカンターラ張りのシートなどロードカーとして十分な機能やクオリティを完備している。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集