ポルシェ「928」の再来...パナメーラに2ドアクーペ設定か! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ「928」の再来...パナメーラに2ドアクーペ設定か!

ポルシェは、Fセグメントの5ドアハッチセダン『パナメーラ』に、派生モデルとなる「2ドアクーペ」を計画している可能性があることがわかった。

自動車 新車スクープ
パナメーラ 2ドアクーペ 予想CG
パナメーラ 2ドアクーペ 予想CG 全 3 枚 拡大写真
ポルシェは、Fセグメントの5ドアハッチセダン『パナメーラ』に、派生モデルとなる「2ドアクーペ」を計画している可能性があることがわかった。

パナメーラは、高級サルーンの快適さを持ちながら、高いスポーツ性能もあわせ持つモデルとして2009年に初代が登場。2016年にデビューした現行2代目には、派生モデルのシューティングブレーク、『スポーツツーリズモ』が設定されている。また上級モデルとなる「ターボ」は、ニュルブルクリンクにおいて『911 GT3』を超えるラップタイムを記録し、注目を集めた。

CGデザイナーのKleber Silva氏より入手した予想CGは、最新『911』からインスパイアされたフロントバンパーとエアインテークを装備し、薄型テールライトやクワッドエキゾーストパイプを装着。ガラスルーフからリアウィンドウへの美しい曲面は、往年の名車『928』を彷彿させるシルエットだ。またシートレイアウトはパナメーラと異なり2+2が予想されている。

パワートレインは、パナメーラと共有する可能性が高く、2.9リットルV型6気筒ターボ、4.0リットルV型8気筒ツインターボをラインアップ。頂点には、『ターボS E-ハイブリッド』から流用する4.0リットルV型8気筒+電気モーター搭載し、最高出力680psを発揮する。

ターゲットはBMW『8シリーズ クーペ』とみられ、最速で2020年秋にワールドプレミアが期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集