600馬力の破壊力...メルセデスAMG最強SUV「GLS63」、2020年3月デビューか!? | Spyder7(スパイダーセブン)

600馬力の破壊力...メルセデスAMG最強SUV「GLS63」、2020年3月デビューか!?

メルセデスAMGラインアップの最強クロスオーバーSUV、『GLS63』レンダリングCGを入手した。最新プロトタイプをベースに描かれており、ほぼこれが最終デザインと見ていいだろう。

自動車 新車スクープ
AMG GLS63 新型予想CG
AMG GLS63 新型予想CG 全 5 枚 拡大写真
メルセデスAMGラインアップの最強クロスオーバーSUV、『GLS63』レンダリングCGを入手した。最新プロトタイプをベースに描かれており、ほぼこれが最終デザインと見ていいだろう。

4月のニューヨークモーターショーでお披露目されたベースモデルである『GLS』新型と比較すると、グリルバーにAMGのロゴが入り、ボンネットにはエアーバルジを備えているほか、左右直結されたコーナーエアインテークは大型化されている。現行モデルのGLS63と比較すると薄くデザインされたヘッドライトにより、かなりスポーティなイメージだ。このCGではグリルバーが装着されているが、縦スラットのパナメリカーナグリルが装着される可能性もあるようだ。

コックピットには、ノーマルのGLS同様に12.3インチの2つの高精細ワイドディスプレイを装備。空中に浮かんで見えるような一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとなる。また「Hi!メルセデス」で話題の新世代インフォテイメントシステム「MBUX」が搭載されるのは確実で、安全装備ではステレオビジョンカメラを搭載した先進運転支援システムの採用が期待される。

予想パワートレインは、現行モデルに搭載されている最高出力577psを発揮する、5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンにかわり、最高出力600psを超えると思われる4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最新世代「MHA」プラットフォームの採用で空力特性が向上するとともに100kg程度の軽量化がはかられるだろう。
ワールドプレミアの場は、最短で2020年3月のジュネーブモーターショーだが、遅れれば秋以降となる。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集