2019年8月、PA初のカプセルホテルが阪神高速泉大津に誕生! | Spyder7(スパイダーセブン)

2019年8月、PA初のカプセルホテルが阪神高速泉大津に誕生!

阪神高速は、高速道路パーキングエリア(PAで初のカプセルホテル「HOSTEL O2(ホステロツー)」を2019年8月、4号湾岸線 泉大津PAに開設すると発表した。

話題 旅行
展望施設からの夜景
展望施設からの夜景 全 4 枚 拡大写真
阪神高速は、高速道路パーキングエリア(PAで初のカプセルホテル「HOSTEL O2(ホステロツー)」を2019年8月、4号湾岸線 泉大津PAに開設すると発表した。

今回のカプセルホテル開設は、ドライバーの多様な休憩ニーズへの対応や、関西国際空港の早朝・深夜フライト前後での利用客取り込みが狙い。阪神高速は4号湾岸線 泉大津PA(北行・海側)11階にカプセルホテルを誘致、共同技研が運営する。

HOSTEL O2は、泉大津PAの11階展望施設を改修して開設。阪神高速初の宿泊施設で、全国でも初めての高速道路PA上のカプセルホテルとなり、高速道路から直接アクセスでき、手軽かつ経済的に利用できる。HOSTEL O2では、短時間から利用できる仮眠プランやシャワーのみのシャワープラン、疲労回復効果の高い酸素(O2)カプセルプランを用意。ちょっとした休憩から宿泊まで、利用客の多様な休憩ニーズに応える。

また、HOSTEL O2のオープンに合わせ、展望施設を24時間開放。夜景百選に選ばれた美しい夜景をいつでも楽しめるようになる。

個室数は男性用92室、女性用20室の合計112室。利用料金(税抜)は1泊3700円から4100円、仮眠プランは2700円(3時間)より、シャワープランは1200円、酸素カプセルは2000円。

PA初のカプセルホテル、阪神高速泉大津にオープン 8月

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集