日産GT-R以上の空力特性!ハイテク装備のメルセデスベンツCクラス新型、ニュルで高速テスト | Spyder7(スパイダーセブン)

日産GT-R以上の空力特性!ハイテク装備のメルセデスベンツCクラス新型、ニュルで高速テスト

メルセデスベンツの主力4ドアサルーン『Cクラスセダン』次世代型が、ドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。ワールドプレミアは2020年と予想される次期Cクラスの完成度は。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Cクラス 新型 スクープ写真
メルセデスベンツ Cクラス 新型 スクープ写真 全 16 枚 拡大写真
メルセデスベンツの主力4ドアサルーン『Cクラスセダン』次世代型が、ドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。ワールドプレミアは2020年と予想される次期Cクラスの完成度は。

開発は初期段階のためカモフラージュはまだ重く、デザインの詳細は不明だ。しかし新情報を入手することができた。

次世代型では、軽量に特化した「MRA2アーキテクチャ」(メルセデス・リアホイール・アーキテクチャの第2世代)を採用し、EVブランド「EQ」シリーズに採用される「EVA」(電気自動車アーキテクチャ)と一部のコンポーネントを共有する。Aピラーからルーフエンドまでより滑らかなボディラインとなり、空力特性を示すCd値が0.25へ進化する。これは現行『Cクラスクーペ』の0.29はもとより、日産『GT-R』の0.27をも凌ぐ数値だ。

新型では、ハイテク装備にも注目だ。スマートフォンでのリモートパーキングのほか、レーザー技術なしで600m先を照らすヘッドライトを装備する。さらにコックピットにも革命が起きる。アウディ、BMW、ダイムラーの連合で買収した地図情報サービス大手「HERE」社の最高級デジタルマップを採用、WLAMホットスポットを含むオンライン接続が3年利用可能になるという。またナビゲーションは3D表示となり、幅30cmのディスプレイに拡大表示されるようだ。

パワートレインは、「EQブースト」をメインとした電動化が進む。1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッド、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド、またEV走行だけで100kmと噂される直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドなども予想される。

メルセデスベンツ Cクラス 次期型はGT-R以上の空力ボディ? ニュルで高速テスト

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集