メルセデスベンツ GLS 新型、SUV版Sクラスはエアロダイナミクス性能が向上[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ GLS 新型、SUV版Sクラスはエアロダイナミクス性能が向上[特集写真]

新型メルセデスベンツ『GLS』のエクステリアには、新型『GLE』から導入された新デザイン言語、「Sensual Purity」を採用。前方空気抵抗係数のCd値は0.32と、先代の0.35に対してエアロダイナミクス性能を向上。

自動車 ニューモデル
メルセデスベンツ GLS 新型(ニューヨークモーターショー2019)
メルセデスベンツ GLS 新型(ニューヨークモーターショー2019) 全 20 枚 拡大写真
新型メルセデスベンツ『GLS』のエクステリアには、新型『GLE』から導入された新デザイン言語、「Sensual Purity」を採用。前方空気抵抗係数のCd値は0.32と、先代の0.35に対してエアロダイナミクス性能を向上。メルセデスベンツによると、大型SUVセグメントで非常に優れたCd値という。

ボディサイズは全長が5207mm、全幅が1956mm、ホイールベースは3135mm。先代比で、77mm長く、22mmワイド、ホールベースは60mm延びた堂々の大きさだ。これにより、2列目シートの足元の空間を87mm拡大する。また、3列のシートすべてが、電動調整式となる。メルセデスベンツによると、すべての乗員に充分なスペースと快適性を提供するという。

新型GLSには、インフィテイメントシステムの「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザーエクスペリエンス)を採用した。音声アシスト機能により、「ハイ、メルセデス」と呼びかけて、システムを起動する。

ドライバー正面のメーター部分と、ダッシュボード中央のモニターを一体デザインとしたデジタルコクピットも採用。この12.3インチの2つの高精細ワイドディスプレイを、一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとした。

メルセデスベンツ GLS 新型はSUV版Sクラス…ニューヨークモーターショー2019[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

この記事の写真

/

特集