2021年デビュー...メルセデスベンツSL次期型、AMGが開発担当&2+2レイアウトで登場の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

2021年デビュー...メルセデスベンツSL次期型、AMGが開発担当&2+2レイアウトで登場の噂!

メルセデスベンツの2ドアオープンモデル、『SL』次期型に関する情報を入手した。現行モデルは2011年に登場しており、すでに8年が経過。新型の開発が急務となっている。

自動車 新車スクープ
SL 次期型 予想CG スクープ
SL 次期型 予想CG スクープ 全 5 枚 拡大写真
メルセデスベンツの2ドアオープンモデル、『SL』次期型に関する情報を入手した。現行モデルは2011年に登場しており、すでに8年が経過。新型の開発が急務となっている。

SLは、ドイツ語で軽量スポーツカーを意味する「Sport Leicht」(シュポルト・ライヒト)から由来しており、メルセデスベンツにおける2シーターオープンの頂点として1954年に初代が誕生した。以降65年にわたり、同ブランドの2シータースポーツの顔となっている。しかし次世代型では、大きな転換期を迎えそうだ。

今年1月には、次期型ではシューティングブレーク「SLE」へ交換される噂があることをお伝えしたが、やはりオープンスポーツは継承される可能性が高いようだ。また次期型はAMGが開発を担当し、『AMG GT』次期型と平行して設計が進められているという。両モデルとも「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャ)を採用し、SLは2+2のシートレイアウトで実用性が高められる可能性もあるようだ。

またAMGの最高責任者トビアス・ムアース氏は、英オートカーのインタビューで、次期型は現行SLよりはるかにスポーティとなると語っているほか、電動化も視野に入れていると思われる。

パワートレインの情報はないが、V12気筒は設定されず、最高出力630psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する『SL63』の設定などが予想される。

ワールドプレミアは、2021年が有力で、現在ラインアップされている『Sクラス カブリオレ』は消滅する可能性があるという。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集