ダッジ チャレンジャー、日本製オラオラ系カスタムで固めると総額はどうなる!? | Spyder7(スパイダーセブン)

ダッジ チャレンジャー、日本製オラオラ系カスタムで固めると総額はどうなる!?

日本が世界に誇るカスタムメーカー、「Liberty Walk」(リバティー ウォーク)は、ダッジの2ドアスポーツ、『チャレンジャー』を過激に飾るカスタムキットを発表した。その購入シュミレーションをすると、いったいいくらかかる?

自動車 ニューモデル
リバティー ウォーク ダッジ チャレンジャー カスタムパーツ
リバティー ウォーク ダッジ チャレンジャー カスタムパーツ 全 9 枚 拡大写真
日本が世界に誇るカスタムメーカー、「Liberty Walk」(リバティー ウォーク)は、ダッジの2ドアスポーツ、『チャレンジャー』を過激に飾るカスタムキットを発表した。その購入シュミレーションをすると、いったいいくらかかる?

先ず目に入る、突き出したフロントリップスポイラーは980USドル(約10万9千円)、ダックテールスポイラーは1,000USドル(約11万2千円)、このカスタムで最高額となるエアサスペンションは、7,900USドル(88万4千円)、また20インチホイールとピレリ「P ZERO」4本で100万円程度と、この時点で200万円を超える。さらにリベット留めオーバーフェンダーなど、仕上げのカスタムパーツや工賃、税金などで300万円程度の出費となりそうだ。

チャレンジャーはベーシックモデルで485万円となっているので、総額800万円とかなり高額になり、やはりそう簡単に手が出せるカスタムではないと言えそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集