まるで4ドアクーペのよう...メルセデスベンツSクラス新型、次世代シルエットが初露出! | Spyder7(スパイダーセブン)

まるで4ドアクーペのよう...メルセデスベンツSクラス新型、次世代シルエットが初露出!

メルセデスベンツ『Sクラス』の次期型プロトタイプをカメラが捉えた。1972年にデビュー以来、47年に渡り同ブランドの顔として君臨しているモデルに、革新的フルモデルチェンジが行われる。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Sクラス 次期型 スクープ写真
メルセデスベンツ Sクラス 次期型 スクープ写真 全 27 枚 拡大写真
メルセデスベンツ『Sクラス』の次期型プロトタイプをカメラが捉えた。1972年にデビュー以来、47年に渡り同ブランドの顔として君臨しているモデルに、革新的フルモデルチェンジが行われる。

「MRA」プラットフォームをベースにした全く新しいSクラスは、ボンネットフード、ドアパネル、Dピラーなどにまとっていたパット入りのカモフラージュが外され、洗礼された、まるで4ドアクーペのようなボディシルエットが初めて露出した。

細部はまだ隠されているが、新DRLを装備するフルマトリックス・ヘッドライトを装着し、リアエンドには、『CLS』に似たダイナミック・ターンシグナルを備えるLEDテールライトの一部が見てとれるほか、ポップアップドアハンドルも初めて見ることができた。

コックピットには、テスラ風の縦型タッチスクリーンを装備し、運転モードをはじめ、車の多くの機能を制御する。安全技術では、「Distronic Active Proximity Control」と「Active Steer Assist」の進化バージョンを搭載し、「レベル3」自動運転の導入が予想されている。

パワートレインは、直列6気筒ディーゼルターボやV型6気筒ツインターボのほか、2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジン+電気モーターを搭載するPHEVモデルなどをラインアップし、EV走行だけで62マイル(約100km)の航続が期待されている。さらにSクラスの「MRA」アーキテクチャと異なる、新しい「MEA」プラットフォームを採用するオールエレクトリックモデル『EQ S』の登場も濃厚だ。

Sクラス次期型の登場は2020年内となるだろう。

まるで4ドアクーペ…メルセデスベンツ Sクラス 次期型、シルエットが露出

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集