スバル アウトバック 新型、SUVテイストが色濃く反映![特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

スバル アウトバック 新型、SUVテイストが色濃く反映![特集写真]

現行『アウトバック』(日本名:レガシィアウトバック)は2014年春、ニューヨークモーターショー2014で発表。6世代目となる新型は、5年ぶりのモデルチェンジとなる。内外装、性能ともによりSUVテイストが色濃く反映されているのが特徴だ。

自動車 ニューモデル
スバル アウトバック 新型(ニューヨークモーターショー2019)
スバル アウトバック 新型(ニューヨークモーターショー2019) 全 23 枚 拡大写真
現行『アウトバック』(日本名:レガシィアウトバック)は2014年春、ニューヨークモーターショー2014で発表。6世代目となる新型は、5年ぶりのモデルチェンジとなる。内外装、性能ともによりSUVテイストが色濃く反映されているのが特徴だ。

ボディサイズは、全長4860mm、全幅1855mm、全高1680mm、ホイールベース2745mm。

フロントデザインは、細くシャープなメッキフレームにしっかりとした太さのバーを組み合わせたワイドなグリルを装備。縦型3連LEDフォグランプを採用。サイドは、動きを感じさせるシルエットとウィンドウグラフィックによりスピード感を表現。パネルの厚み感や大きく張り出したフェンダーも特長だ。

リアは、ゲートのピーク位置を上げ、ボディの厚みを強調。拡大されたトレッドとリアヤゲート開口部により、ワイド感とスタンスの良さを表現する。テールランプはリアゲートの内側部分まで光るCシェイプモチーフとした。

インテリアは、最上級グレードに、ブラウンカラーのナッパレザーを使用したシートを採用するなど、上質な空間を目指した。

新開発のFA24型2.4リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンと、最新の「スバル・グローバル・プラットフォーム」を採用し、さらなる動的質感を追求。最大出力260hp/5600rpm、最大トルク38.3kgm/ 2000~4800rpmを引き出す。独自の全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」を全車に採用している。

スバル アウトバック 新型、SUVテイストより強く進化…ニューヨークモーターショー2019[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

この記事の写真

/

特集