VWコンパクトバン、18年ぶりフルチェンで改名!?「T7ライフキャディ」を初スクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

VWコンパクトバン、18年ぶりフルチェンで改名!?「T7ライフキャディ」を初スクープ

VWの商用コンパクトバン、『キャディ』次期型プロトライプを、スウェーデン北部の山中でカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
VW  キャディ(T7 ライフキャディ)次期型 スクープ写真
VW キャディ(T7 ライフキャディ)次期型 スクープ写真 全 13 枚 拡大写真
VWの商用コンパクトバン、『キャディ』次期型プロトライプを、スウェーデン北部の山中でカメラが初めて捉えた。

キャディは、1980年から販売されている。1996年に2代目が登場した後、現行モデルの3代目は2003年に発売されており、以降16年間フルモデルチェンジが行われていない。2019年1月から2月には2万5000台を販売しており、同ブランドの商用バン『T6』(トランスポーター、キャラバン、マルチバン、カリフォルニア)の2万7800台に匹敵する。しかし、T6ファミリーが前年比37.9%の大幅な伸びを見せたのに対し、キャディは5.4%減少していた。

そこでついに次期型の開発がスタート。捉えたプロトタイプのフロントマスクを見ると、ヘッドライトは角ばったデザインから波を打ち、シャープに切れ上がるデザインへ。クローズドグリルを特徴とする最新のVWデザインが用いられ、丸型フォルグランプを装備、エアインテークはフロントバンパーの下へ位置するなど乗用車の要素を大きく取り入れ大刷新されるようだ。

サイドビューでは、フロントドアウィンドウの三角窓は排除され、スライド式ドアが見てとれる。リアエンドでは、テールライトがカモフラージュされているが、現行モデルのコンパクトなデザインから、ルーフまで伸びるスポーティなデザインが採用されている可能性もあるようだ。

次期型のアーキテクチャには、「MQB」プラットフォームを採用。48Vマイルドハイブリッドシステム、ディーゼルエンジン、ガソリンエンジンと、パワートレインもバリエーションが拡大するはずだ。最新のインフォテイメントシステムも搭載されるだろう。

また次期型ではT6次期型の『T7』と統合され、『T7ライフキャディ』と改名される可能性があると噂されている。

新型のワールドプレミアは18年ぶりとなる2021年で、標準モデルとロングホイールベースの同時デビューが予想される。

VWの商用バン「キャディ」が18年ぶりのフルチェンで改名!?

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集