ついにフロントマスク完全露出...BMW、306馬力のホットハッチ『M135i』新型がニュル激走! | Spyder7(スパイダーセブン)

ついにフロントマスク完全露出...BMW、306馬力のホットハッチ『M135i』新型がニュル激走!

BMW『1シリーズ』次期型に設定される高性能モデル、『M135i』市販型プロトタイプがドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
BMW M135i 次期型スクープ写真
BMW M135i 次期型スクープ写真 全 14 枚 拡大写真
BMW『1シリーズ』次期型に設定される高性能モデル、『M135i』市販型プロトタイプがドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

捉えた開発車両は、メッシュのキドニーグリル、新デイタイムランニングライトを備えるフルLEDヘッドライト、フロントスプリッター、シャープにつり上がる大型のコーナーエアインテークの形状まで露出している。またリアエンドでは、ディフューザーに統合されたツインエキゾーストパイプ、L字に点灯するテールライト、バンパーサイドにはエアアウトレットなどアグレッシブな姿が見てとれる。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ツインターボ・ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は306psが予想されている。

プレミアムFRハッチバックとしてBMWらしいスポーツ性能が売りだった1シリーズだが、新型ではFFになることが決定しており、一部ファンが落胆しているとも伝えられる。しかしBMWでは、「かなりダイナミックな内部空間を提供しつつ、コンパクトクラス最高レベルのドライビングを可能にする」としており、期待が高まる。

室内では、ブルーに光る、アンビエント照明システムを備えたファンキーなドアトリムを装備し、コンパクトモデルながらもゴージャス感がアップされている。またコックピットには、ワイドなインフォテインメントディスプレイ、その下にツインレジスター、スイッチ類を配置するほか、ギアシフターやiDriveコマンドダイヤルなど『3シリーズ』新型と酷似したレイアウトが確認できる。

1シリーズ次期型のワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力だが、その前にオンラインデビューも予想される。「M135i」のデビューは、2020年3月のジュネーブモーターショーとなりそうだ。

BMW 1シリーズ 最強のFFホットハッチ、「M135i」のマスクが完全露出

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集