ついにレクサス版アルファード「LM」登場か!? 上海モーターショーで発表へ | Spyder7(スパイダーセブン)

ついにレクサス版アルファード「LM」登場か!? 上海モーターショーで発表へ

台湾レクサスは、公式Facebookにて謎のティザーイメージを公開。その画像を海外エージェント経由でを入手した。

自動車 新車スクープ
レクサス ティザーイメージ
レクサス ティザーイメージ 全 1 枚 拡大写真
台湾レクサスは、公式Facebookにて謎のティザーイメージを公開。その画像を海外エージェント経由でを入手した。

入手した予告画像には、ブーメラン型スラットを並べた存在感のあるスピンドルグリル、同ブランドのフラッグシップSUV『LX』を彷彿させる3連LEDヘッドライトなどが見てとれる。現地を含め海外ではこのモデルが、かねてから噂のあるレクサス初のミニバン「LM」の可能性があると伝えられている。「LM」は「ラグジュアリー・ミニバン」の略と予想され、『LM300h』や『LM350』の名称がすでに商標登録されている。

一部では『RX』改良新型とも予想されているが、「充実した居住空間」というメッセージがそえられていることから、より大型モデルの可能性が高いと言えそうだ。

この新型モデルがレクサス版「アルファード/ヴェルファイア」だった場合、パワートレインは、2.5リットル直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+電気モーターのハイブリッドなどが予想される。

ワールドプレミアの場は、4月16日から開催予定の上海モーターショーが有力だ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集