日常の使いやすさも兼ね備えた史上最速のスーパーSUV...ランボルギーニ ウルス[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

日常の使いやすさも兼ね備えた史上最速のスーパーSUV...ランボルギーニ ウルス[特集写真]

ランボルギーニ第3のモデル、『ウルス』はスーパーSUVモデルとしてパフォーマンスはもとより、ドライビング、デザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを兼ね備えたモデルだという。

自動車 ニューモデル
ランボルギーニ ウルス
ランボルギーニ ウルス 全 43 枚 拡大写真
ランボルギーニ第3のモデル、『ウルス』はスーパーSUVモデルとしてパフォーマンスはもとより、ドライビング、デザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを兼ね備えたモデルだという。

搭載されるエンジンは、4リットルV型8気筒ツインターボで、6000rpmでの出力は650hp/6800 rpm、最大トルクは850Nm/2250~4500rpmを発生。0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒、最高速度は市販されているSUV史上最速の305km/hを記録している。

ウルスに乗り込むと、ドライバーと同乗者には、低い位置にありながら快適なスーパースポーツカーと同様のシートポジションが与えられ、キャビン内のコントロール類はドライバーの手に届く位置に配される。

ドライバー側に向いたダッシュボードの細いY字形デザインは、上昇するセンターコンソールに連結。これは『LM002』やほかのランボルギーニのスーパースポーツカーにインスパイアされたものだ。エアベントやドアハンドルなどのエレメント、さらにはカップホルダーやエアバッグモジュールといったアイテムにまで、ランボルギーニのテーマである六角形が室内全体に施されている。

この“ウルス”という名称は、ランボルギーニに受け継がれている伝統と同じく、闘牛の世界に由来している。ウルスはオーロックスとしても知られ、家畜の先祖にあたる大型の野生牛を指している。過去500年間にわたり繁殖されてきたスペインの闘牛は、ウルスと非常に近い外見をしているという。

史上最速のスーパーSUV、ランボルギーニ ウルス[詳細画像]

《内田俊一@レスポンス》

この記事の写真

/

特集