メルセデスベンツ Aクラス 新型、Hi!メルセデスは進化し続ける![特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ Aクラス 新型、Hi!メルセデスは進化し続ける![特集写真]

フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ『Aクラス』は、同社のデザイン思想“Sensual Purity(官能的純粋性)”をさらに一歩進め、コンパクトな2ボックスデザインをベースにサイズやプロポーションを最適化。スポーツ性、ダイナミズム、エモーションを表しているという。

自動車 テクノロジー
メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180)
メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180) 全 28 枚 拡大写真
フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ『Aクラス』は、同社のデザイン思想“Sensual Purity(官能的純粋性)”をさらに一歩進め、コンパクトな2ボックスデザインをベースにサイズやプロポーションを最適化。スポーツ性、ダイナミズム、エモーションを表しているという。

そのフロントデザインは、低いボンネットと、クロームをあしらったフラットなLEDヘッドライト、風になびくトーチをイメージさせるデイタイムランニングライトにより、感情に訴えかける魅力的な造形を形成。スリーポインテッドスターを配したフロントグリルは、末広がりのデザインのほか、ダイヤモンドグリルとシルバーのルーバーを走らせることで、Aクラスのスポーティな印象を強調している。

サイドビューは、先代モデルより伸長したホイールベースとキャラクターラインにより全長を長く見せている。そしてリアエンドは幅が広がった印象を与えるが、これはショルダー部を強調しグリーンハウス下のくびれが大きくなったことと、モジュール型2分割リアバンパー内蔵のリフレクターの間隔が広くなったことによるもので、より低重心であることを表している。

そしてインテリアで目を引くのはインパネ周りのデザインだ。今回初めてインストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止。その結果、翼のような形をしたダッシュボード本体は、一方のフロントドアからもう一方まで、途切れなく続いている。また、ワイドスクリーンディスプレイはオンダッシュで、タービンを想わせるスポーティなエアアウトレットも特徴的である。

メルセデスベンツ Aクラス 新型、Hi!メルセデスはデザインも一歩先へ[詳細画像]

《内田俊一@レスポンス》

この記事の写真

/

特集