BMW X5 新型、PHVモデル「xDrive 45e」をジュネーブで初公開へ...EVモードで80km走破 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW X5 新型、PHVモデル「xDrive 45e」をジュネーブで初公開へ...EVモードで80km走破

BMWは2月19日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『X5』(BMW X5)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「xDrive 45e」を初公開すると発表した。

自動車 ニューモデル
新型BMW X5 のxDrive 45e
新型BMW X5 のxDrive 45e 全 3 枚 拡大写真
BMWは2月19日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、新型『X5』(BMW X5)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「xDrive 45e」を初公開すると発表した。

BMWブランドでは現在、『2シリーズ アクティブ ツアラー』や『5シリーズ』などに、PHVグレードの「iPerformance」を用意する。X5では、先代モデルにPHVグレードとして、「xDrive 40e」がラインナップされていた。

新型X5にPHVが設定されるのは、今回が初めて。xDrive 45eは、先代よりも高性能なPHVに位置付けられる。PHVパワートレインのエンジンは、先代の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボから、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ(最大出力286hp)に変更。このエンジンにモーター(最大出力112hp)を組み合わせて、システム全体で394hpのパワーと61.2kgmのトルクを引き出す。トランスミッションは8速「ステップトロニック」で、4輪を駆動する4WDとなる。

動力性能は0~100km/h加速が5.6秒と、先代に対して1秒以上短縮。最高速は235km/hに到達する。モーター単独で走行するEVモードの最高速も、先代の120km/hから140km/hに引き上げられた。

二次電池は、蓄電容量が増したリチウムイオンバッテリーだ。EVモードの航続はおよそ80kmで、先代からほぼ3倍に伸びた。この効果もあって、欧州仕様の環境性能は、燃費47.6km/リットル、CO2排出量49g/kmを実現している。

BMW X5 新型にPHV、EVモードは約3倍に…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集